Hair&Make LIEL(ヘア&メイク リエル)
ご予約

【時短、節電】美容師が教える髪の毛の乾かし方

2021.06.13
こんにちは。木村です。今回は、お客様からよく聞かれる髪の毛を早く乾かす方法をお伝えしたいと思います。

タオルドライをしっかりと行う

ドライヤーですぐ乾かすからと言ってビチョビチョのまま

疎かにしがちなタオルドライですが、水分が多いと乾きが遅く、

温風を長時間当ててしまうことは髪にとても負担が掛かってきます。

ゴシゴシと拭くのではなく、髪の根元から毛先に向かってタオルを当てるイメージで包んで

タオルドライをしていきましょう。

 

 

キッチンペーパーで吸水

キッチンペーパーはとても水分を吸収します。タオルドライで水分が吸収出来なかった部分や

毛先に集まった水分をキッチンペーパーで取っちゃいましょう。

これでかなり髪に残った水を吸水することが出来ます。

キッチンペーパーがない時は、ティッシュでも大丈夫です。

ただ個人的には、キッチンペーパーがもったいないと感じてしまうので、あまりやりません。

 

 

タオルを被せて乾かす

タオルドライをした後に、タオルを頭に被せて乾かします。

タオルを頭に乗せて、ドライヤーで乾かすことで、タオルと髪の間はサウナ状態となります。

髪から蒸発した水分がタオルで吸水され、ドライヤーの温風による熱で乾きが早まるという原理です。

ここでのポイントは、タオルドライをした時のタオルでも良いのですが、

やはり新しい乾いたタオルを使うと良いです。

また、タオルの上からドライヤーを当ていくので、極端に分厚いタオルだと熱が届きにくくなります。

直接、髪に温風を当てない分髪へのダメージも減らすことが出来ます。

 

乾かす際のドライヤーの当て方ポイント

まずは、頭皮や髪の内側に風を当てることを意識しましょう。手でかきあげながら、ドライヤーを

左右に少し振りながら風を当てていく事がポイントです。一箇所に当てすぎない事に注意しましょう。

【ショート〜ミディアムヘア】

1.片手で下から髪をかき上げながら、ドライヤーを左右上下に振り乾かしていきましょう。

ドライヤーは上下左右に動かしますが、位置としては上方から。

根元に風を当てるだけで、ショートやミディアムの方は比較的あっという間に乾きます。

2.最後に、冷風を髪全体に当ててブローしていきます。この時に自分のしたいスタイリングにしつつ

冷風をあて整えると、翌朝に寝癖がつきにくくなります。

 

【ロングヘア】

1.ロングヘアの方は普通に乾かしているととてつも無く時間がかかります。そんな時は、髪をヘアゴムや

ダッカール、ヘアクリップなどでブロッキングしましょう。後ろ髪を耳を中心に半分に分けます。

先ずは、上半分を留め下半分から乾かしましょう。あくまで根元に風を当てるイメージで。

2.下半分が終わったら、次は上半分を解いて乾かします。その時に髪の表面部分は最後に仕上げるので

軽く髪の表面部分はまとめて留めておきましょう。

3.最後に手ぐしで髪を優しく伸ばしながら、上から風を当てると収まりのあるスタイルになります。

(さらに可能であれば)全体に乾かしが終わったら、温風でブローして最後に冷風をあて整えるとツヤが出ますよ!

 

 

どうでしょうか?すでにご存知の方、実践している方している方もいるかもしれませんが

ほんの少しのポイントを抑えて、ドライヤーでブローすることで時短にもなり、

更には髪に艶や朝の寝癖がつきにくくなるので、是非試してみてくださいね。

Youtubeチャンネル(リエルTV)

髪を乾かす方法に加えて、時短グッズの紹介も次のブログで紹介していきます。

ブログより先に、Youtubeで掲載しておりますので良かったらご覧ください。

⏬クリックすると飛びます。⏬

【禁断の検証 前半】人気の4つの時短グッズで本当に時短できるのか!?美容師が疑問を徹底検証

【禁断の検証 後半】美容師絶句っ!!No.1時短グッズはいかに⁉︎ 最短で髪の毛乾かす方法

LINE
定 休 日
毎週火曜、第二水曜、第四水曜
営業時間
【月、水、木、日】9:30~19:00
【金、土】9:30~21:00